幕張本郷・新検見川の個別指導学習塾ならESOH個伸塾(エソーこしんじゅく)

大学受験・予備校コース

ESOH個伸塾 予備校部門の特徴

1人1人の現状の状況の成績や受験校・受験科目に合わせて1人1人個別に受験戦略を作成し、
それを具体的に『今日何をすれば良いか』のレベルまで落とし込みます。

他の予備校との比較

一般の予備校

 

ESOH個伸塾

  • 集団講義または映像授業

  • 授業内容
  • プロ講師による個別指導
    またはブロードバンド予備校を選択

  • 自分で学習内容の管理・学習

  • 日常の学習
  • 一緒に立てた戦略を基に
    問題集・週での学習内容を
    具体的に指示

  • 各自で決定

  • 受験校の選定
  • 要望を相談の上、
    必要科目・出題傾向に合わせて
    個別に相談

  • 完備

  • 自習室
  • 完備
    (毎日来られます)

  • 年間一括払い
    (分割制度有)

  • 費用
  • 月謝制

高校受験と大学受験は違います高校受験と大学受験は違います

大学入試(一般)では内申点は関係ない。

高校入試では成績や部活動などの内申点が合否に大きく関わったと思いますが、大学入試の一般では内申点は、まったく合否に関係しません。
高校受験と大学受験は規模が違うため、受験者全員の内申書に目を通す時間はありません。
そのため、一般の大学入試では内申点は関係なく、受験資格の書類として確認する物だと思ってください。

高校受験偏差値と大学受験偏差値は全く違う。

高校入試と大学入試における偏差値の考え方の違いです。
高校入試の自分の偏差値が5~10下がったのが大学入試の偏差値になります。
例えば、高校入試の時の自分の偏差値が65だった場合、大学入試で受かる大学の偏差値は55~60の大学になります。
これは、入試を受ける人の母集団(全体)が変わることによって起きる違いです。
高校入試の場合は中学生のほとんどが高校に進学するため入試を受けますが、大学入試では大学進学をする人しか入試を受けません。
そのため、中学の時に上位だった人や浪人生しか受けないため、母集団のレベルが高くなることで高校入試の時よりも偏差値が下がります。

倍率が違う。

高校入試は2倍を超えれば倍率は高いといわれますが、大学受験は人気校なら10倍を超えます。

塾・予備校のカリキュラムに対する考え方が違う。

高校入試の塾では、受験に必要な知識を全て教え込み、反復させることが前提のカリキュラム作成するのに対し、大学受験対策では、受験に出るパターンを全て授業で扱うのは不可能なので、頻出分野に絞った授業を行います。そのため、細かいことがらに関しては、各自で問題集を購入するなどして、反復練習や暗記を行い学習していく。そのため、大学受験生の多くは授業を受けている時間より、自習室にいる時間の方が圧倒的に長く、自習の内容が成績上昇のカギを握っているとも言えます。

合格実績・成績上昇事例

偏差値46からヶ月で早稲田3戦全勝

偏差値42から年で同志社・明治・中央合格

偏差値49から年でセンター英語当日180

偏差値33から年で日大合格

教科書レベルから年で東京理科大合格

E判定から年で大阪大学合格

E判定から年で筑波大学合格

週間で46点UP 化学20点UP

年で英語111点UP 国語98点UP

ヶ月で英語60点UP ヶ月で英語50点UP

ヶ月で英語40点UP 週間で日本史25点UP

ヶ月で化学20点UP 地理14点UP

ヶ月で英語55点UP 国語68点UP など

『ESOH個伸塾×受験コンパス』

志望校戦略×学習プランニング×学習管理志望校戦略×学習プランニング×学習管理

私立文系コース/私立理系コース/国公立コース

①受験校選定

豊富な知識から受験校選定を行う

志望している夢や目標から学部・学科・受験校を選定する。3科目で受験可能な国公立など、現状を打破する一手を提案する。

②学習プランニング

合格までの最短ルートを示す

受験校選定を基に、現状から受験校合格までの個別カリキュラムを作成。全科目に対応し、最短ルートを示す「年間計画表」を作成。

③月間面談

受験校戦略・月間戦略を立案

「年間計画表」を基に、月間面談を通じて、月間の学習プランを立て、学習管理を行う。受験校の調整なども行う。「月間計画表」を作成。

④週間面談

受験校戦略・週間戦略を立案

「月間計画表」を基に、週間面談を通じて、毎日の勉強内容や勉強方法の提示を行い、学習管理を行う。「週間計画表」を作成。

⑤参考書チェックテスト

習熟度はテストで確認

1週間の進捗を管理し、テストを実施。1冊学習し終えた際には修了テストを実施。参考書の習熟度はテストで確認します。

⑥質問サポート

すぐに解決できる質問サポート

東大生や医学部生を中心とした難関大生によるweb個別質問対応。全科目・全レベルに対応。質問はスマホから画像をアップするから簡単。

サービス内容サービス内容

ESOH個伸塾の予備校部門では、全てのコースに下記のサービスが含まれています。

  • 月間コンサルティング(月1回面談)
  • 週間マネジメント(週1回面談)
  • 個別指導(50分×1回/週)またはブロードバンド予備校授業(50分×2回/週)
  • 参考書チェックテスト
  • 全科目質問サポート
  • 自習室使用(14:00ー)

学習の流れ学習の流れ

毎日行う学習内容を共有し、学習プランの作成から学習ペースの作成まで個別に行います。

①受験戦略のプランニング

入塾時に、志望校までの受験戦略をプランニングし、参考書や授業などをどのように学習すればよいかの最短ルートを明確にします。

②学習範囲の提示(毎週)

受験プランを基に毎週の学習範囲を提示します。

③授業・自習で範囲の学習(毎日)

提示した週間計画をもとに塾での授業、自習室、ご家庭で学習をしてきてもらいます。

④確認テスト

学習した範囲の確認テストを毎週実施し理解しているかを図ります。合格点に達していなかったり、範囲が理解できていなければ前には進めません。確実に理解してから前に進むように徹底しています。

⑤受験プランの見直し(月1回)

学習の進み具合によって受験プランを見直していくことによって無駄なく確実に合格に近づいていきます。

ESOH個伸塾のことをもっと知りたい方は

  • はじめての方へ
  • よくあるご質問
  • ESHO個伸塾の7つのポイント
  • 入塾された保護者の声
  • 塾生の体験談

受講に関するご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • 授業料が知りたい方
  • 資料請求/無料体験授業のお申し込み
  • その他メールでのお問い合わせ